ミキシング・マスタリングについて

 当スタジオでは動画の撮影サービスと音声のレコーディングサービスを展開しているのですが、レコーディングスタジオで収録した音をイメージできない方が多いです。レコーディングスタジオの場合、原音を忠実に収録することが最も求められます。つまり、部屋鳴りや余計なノイズなどがないことが理想になります。なぜかというと、収録後に他の楽器と混ぜるなどのミキシング作業において、部屋鳴りなどは不要且つ、作業の妨げになってしまうからです。例えば、ピアノと歌とアコースティックベースの編成で考えてみます。ピアノだけホールでレコーディングして、歌は自宅、アコースティックベースは防音室で収録したとすると、どれだけ音量や定位などのバランスを調整しても、同じ空間で演奏しているように聞こえないため、とても聞き苦しい音楽になります。しかし、残響がない楽器本来の音のみを収録してあれば、音楽のソフト上でそれぞれの楽器に同様の残響成分を追加したり、イコライジングによって楽器間で被っている帯域を調整することが容易になります。つまりミックス時にエンジニアが手を入れた後の最終的な音源のクオリティーが全く変わってくるのです。レコーディングスタジオで収録した音、というのはこのような、出来る限り原音のみを収録した音のことを指します。

 そこで、よくオーディションやコンクール用に音声が必要ということで、レコーディングサービスにお問い合わせがあるのですが、レコーディングサービスで収録した音は、上記の通り原音のみになるため、ホールで録ったように最初から迫力のある音になるわけではありません。作品として公開する場合は、ご自分で収録した音を音楽ソフト(DAW)上でミキシングするか、または外部エンジニアによるミキシング作業が必要になります。ミキシング・マスタリングはこちらにご依頼いただくことも可能ですが、是非演奏動画撮影・編集のプランもご検討ください。こちらはセルフサービスになりますので、カメラによる撮影映像付きで低価格、且つエンジニアによる音声ミキシングが最初から付いているプランになります。簡単に迫力のある音で撮影をすることができます。たくさんの方にご利用頂いておりますので、ご検討ください。

 

ミキシング・マスタリングについてご紹介

ミキシング。マスタリング処理

 グランドピアノのレコーディングと、ミキシングマスタリング中の音楽ソフトのスクリーンショットになります。当スタジオではメインソフトにSteinbergのNuendoを使用しています。ここでは、LiquidSonics各種、INSPIRED ACOUSTICS Inspirata Proなどの最新かつ評価の高いリバーブエフェクトを使用し、豪華な空間をシミュレートしている最中です。ソロのクラシックピアノの音源は、ホールリバーブをたっぷり聞かせ、実際に大ホールで演奏しているような音作りをしています。もちろんお客様の好みの質感に仕上げることも可能ですので、ミキシング・マスタリングについても是非ご相談ください。