音響調整-吸音と初期反射音のバランス

 本営業まで音響の調整工事を続けています。微妙な残響音の調整のための音響パネルを製作し、設置しております。

 当スタジオはレコーディングスタジオのため、吸音の調整は厳しめです。お客様からの意見を取り入れながら、レコーディング時に問題の起きないレベルで調整を行っています。この部屋はリハーサルだけではなく、お客様のセルフレコーディングも対応しております。

 音がハッキリと聞き取りやすく、練習しやすい。でもレコーディングでは残響は入らない、という絶妙なバランスを探っています。

音響調整工事2

初期反射音と、吸音のバランスを取った調整板(オーナーオリジナル)

音響調整工事3

音響調整工事4